鍼灸による勃起不全の治療は可能?

2020年04月29日

最近では勃起不全の人が増えてきているのですが、その程度は人によって異なっています。
完全に陰茎が硬くならない状態はもちろん、硬くなるのに時間がかかる、すぐに萎えてしまうなどの場合もこの症状に当てはまります。
これらは突然発症することもありますし、少しずつ発症してしまうこともあります。
原因のはっきりしている場合だけでなく、はっきりしていない場合もあるので注意しましょう。
ちなみに、勃起不全治療は保険診療ではないため、薬の購入費用などは全て自己負担となります。
これは日本全国の病院やクリニックで共通となっているのですが、相談だけなら無料でできることも多いです。
勃起不全で悩んでいるという場合、まずはクリニックで無料相談をしてみると良いでしょう。
無料でもしっかりと話を聞いてくれるクリニックなら安心です。
日本人は勃起障害がかなり起こりやすいと言われており、30代以上の成人男性の4人に1人が悩んでいるということになります。
また、50~60歳台の男性の場合、2人に1人が勃起障害であるとされています。
年齢に伴う性欲減退が主な原因となるのですが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も原因となってしまうことがあります。
つまり年齢が高くなることにより、勃起不全を生じやすいことは分かるでしょう。
しかし、最近では20~30歳台など若くて悩んでいる人も増えており、できるだけ早めに医師に相談するのがおすすめです。
勃起不全の治療方法にはさまざまなものがありますが、鍼灸によって治療することもできます。
伝統的な鍼灸治療を受けることにより、勃起不全に良い効果を期待できるでしょう。
鍼灸治療は精神的な原因に特に有効であるということです。